生命保険のしくみ

 

生命保険のしくみについて

生命保険という金融商品はどのように設計されており、具体的にどうやって保険料・保険金が発生しているのといった生命保険における具体的なメカニズム・しくみをわかりやすく解説していきます。

 

生命保険の目的

保険というものは、将来の不確実性というリスクを広く浅く分散し、万が一の出来事に対して備えるという相互扶助の精神から生まれた助け合いの制度です。例えば、交通事故に遭遇するリスクというものは、全体を見たらそう大きな確率で起こるものではないかもしませんが、仮に事故に遭遇した際の損失は非常に大きなものとなるかもしれません。
そうしたリスクを多くの人で保険料という形で分散して、万が一の事故に遭遇した人にその保険料を保険金という形で支払うのが保険の基本となっています。

生命保険の構造

生命保険は基本的にリスクに応じた保険料を多くの人からもらうことで、実際にそのリスク事項が発生した場合に、保険金を事故にあった人に支払うという仕組みです。

単純に例を挙げると、100人の村があり、毎年1人が死亡する。(村民の数は一定)死亡した村民の家族には1000万円の資金が必要という場合を考えましょう。

この場合、1名が死亡するリスク=1%、死亡時に必要な保険金=1000万円とすると、1000万円×1%=10万円となり、100名の村の場合、みんなが1年間に10万円を出しあうことで、1人死亡したとき、家族に対してみんなから集めた保険金10万円×100人分=1000万円を与えることができるという仕組みになります。

現在の生命保険も上記の例と基本的には同じです。

保険の多様化と保険の選び方

近年は、ライフスタイルの多様化にともない、リスクもそれだけ多様化しています。そのため、生命保険という保険商品は形を徐々に変えており、上述したような万が一の保証という部分だけでなく、貯蓄性や特定の病気に対する特約、節税目的の保険など様々な生命保険商品が生まれています。
さらに第三分野の保険とよばれる医療保険など多種多様かしています。こうした背景から生命保険というシステム自体が非常にわかりにくいものとなっています。

そのため、当サイトでは生命保険について利用者のニーズにあった生命保険をしっかり選んでいただくために生命保険に関して深く洞察、分析しています。ぜひこれを機会に生命保険の見直しをご検討してはいかがでしょうか?

 

生命保険の商品体系

生命保険は大きく「死亡保険」「生存保険」「生死混合保険」の三種類に分類することができます。これらはそれぞれ異なる性質を持っています。

・死亡保険
保険化入社が死亡した場合に保険金が支払われる生命保険の一種です。保険期間を定める場合が定期保険、死亡するまで保障期間とするものが終身保険となります。

・生存保険
契約者が生存していた場合に保険金が支払われるタイプの生命保険となります。個人年金や貯蓄年金、子供保険などがそれに該当します。 ただし、一般的には死亡保障をセットにした生死混合保険となる場合がほとんどです。

・生死混合保険
死亡保険と生存保険を組み合わせたタイプの生命保険となります。被保険者が一定の保険期間内に死亡した場合には死亡保険金を支払い、満期時には満期保険金を支払うというものです。養老保険がその代表的生命保険です。

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。