生命保険と預金(積立貯金)との違い

 

生命保険と預金(積立貯金)との違い

生命保険と預金の違いというものを考えたことはあるでしょうか?生命保険というのは万が一の場合の「金銭的なリスク」に対して備えるものです。その一方で預金があれば金銭的なリスクには備えができることになります。ここでは、生命保険と預金の違いについて考えていきます。

 

途中解約による違い

預金は一部の例外(特殊条項付きの定期預金など)を除き、解約時には元本とその利息が預金者に対して支払われます。対して生命保険の場合掛け捨て型(定期保険)であれば途中解約による返戻金は0円ですし、終身保険や養老保険の場合であっても契約期間が短かったりすると、返戻金がほとんどないケースもあります。
保険解約はあくまでも最終的な手段として、解約する必要が無いように過度の保険料を支払うなどのことは控えるといった慎重さが必要となります。

 

資金の目的による違い

預金は貯めたお金の当初の目的が老後の備えであっても不測の事態において別の目的で使うことができます。しかし、生命保険の場合はあらかじめ契約により定めている場合のみしか保険金がおりませんので使うことができません。

 

預金と性格が類似する生命保険

上記では、生命保険と預金の違いを述べてきましたが、生命保険においても養老保険や財形保険といった貯蓄性の高い保険もあります。これらは超長期の定期預金と同じように考えることもできます。

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。