保険金の請求

 

生命保険の保険金の請求方法と準備するもの、流れ

生命保険をはじめとした保険は保険金受取人が保険会社に支払の請求を行った場合にのみ保険金を支払います。ですから、保険事故が起きた場合、保険会社に対して保険金受取人は保険金の請求を行う必要があります。ここでは、生命保険の保険金請求の方法と流れ、また多く見られる請求時のトラブルについて解説します。

 

保険金は保険金受取人が請求するもの

保険金というものは、保険事故が起きた場合待っていれば保険会社が買ってに振り込んでくれるというものではありません。保険金受取人が保険会社に大して請求を行う必要があります。

まずは、保険証券を確認したうえで加入している契約者や被保険者の氏名・保険証券Noなどを保険会社に伝えましょう。そうすれば保険会社から所定の書類用紙が送られてきますので必要事項等を記入して保険会社に送りかえします。
なお、一般的な生命保険会社では死亡による保険金請求に必要な書類としては
・保険金支払請求書
・保険証券
・医師の死亡診断書など死亡が確認できるもの
・被保険者と受取人の戸籍謄本
・印鑑証明

などが必要となります。

 

保険金はいつ支払われる?

保険会社は調査が必要である場合を除き、必要書類が保険会社に到着した後5営業日以内に保険金を支払うことになっています

死亡した方の名義の銀行預金などは凍結されてしまうことも多く、生命保険の保険金は葬儀や諸々の出費においてかなりありがたいお金になるでしょう。

 

余命が宣告された場合は「リビングニーズ特約」が利用できる

医師によって余命が半年と宣告された場合、リビングニーズ特約という特約を使うことができます。これは余命宣告された場合に、死亡保険金を上限(3000万円まで)として事前に保険金を受け取ることができます。

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。