保険料と保険金、生活費のバランスを考えよう

 

保険料と保険金、生活費のバランスを考えよう

生命保険に加入する際は、自分にとって必要な保障をしっかりとした目的をもって選ぶことが重要です。死亡保険にせよ、医療保険にせよ、万が一の際に必要十分な補償が内容とそのために必要な保険料のバランスを考える必要があります。実際、あれもこれもと保障内容を広げすぎると、それだけ多くの保険料が必要となります。無駄な保険料を支払わなくても良いようにバランスを考えましょう。

 

保険料と保険金のバランスはどうやってとる?

生命保険においては万が一の場合に病気や怪我による経済的不利益を保険契約に基づいて保障してもらうことができる制度です。万が一のことを考えた場合、保険金はおおきければ大きいほど良いモノなのですが、毎月の生活費から支払う保険料のことを考えるとできるだけ少ない保険料が良いものです。

しかし、実際その二つを両立させる事は難しいのです。原則的には保険金の大きさは支払う保険料の額によるというものだからです。

 

保障だけが必要なのか?それとも保障と貯蓄の両立か?

生命保険には「生命保険の種類」で解説したように大きく「定期保険」「終身保険」「養老保険」の三種類があります。定期保険は保険料は安くて済みますが解約返戻金はほとんどありません。終身保険の場合は保険料は定期保険よりも高くなりますが、途中解約でも解約返戻金がもらえたり保障が一生涯続いたりします。養老保険になれば満期日には保険金と同額の満期保険金をもらうことができます。

要するに、生命保険においては
定期保険:保障のみ
終身保険:保障+貯蓄
養老保険:貯蓄+保険

というようになっており、下にいくほど貯蓄の割合が高くなります。必要な保険金の額は削ることはできないけど毎月の保険料支払は苦しいという方は、養老保険を終身保険にしたり、終身保険を定期保険に見直しすることで保険料の支払が少なくなります。

要するに、これらの三種類の生命保険は保険料の金額は異なりますが、かけている保障内容は同じであとは支払っている保険料のうちどの程度の額を貯蓄に回しているのか?という違いになります。

 

あなたは保険のために生きているわけではない

最後に、保険はあなたにとっての「万が一」があった時にそれをサポートするものとなっています。しかし、万が一が起こる可能性は無視できるものではない一方で、それにとらわれて、日常生活が困窮するということがあってはならないと思います。

保険料をたくさん払い過ぎて生活が苦しいという人を何人も見てきました。
保険はあなたとその家族を守るためのものですが、それはあくまでも今の生活があってという前提に立つものです。

小さなリスクに対して十二分に備えているけど、その保険料で普段の生活の質を落とすというのはあまり好ましいものではないと思います。

まずは、自分の生活を考えた上で必要最小限の保険に加入するというもので良いと思います。

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。