医療保険見直しのポイント

 

医療保険見直しのポイントについて

これまでは生命保険の特約として考えられてきた医療保険ですが、近年では単独で加入ができる医療保険の販売量も増加しています。ここでは、それらの医療保険をどのようにして比較していくべきかをわかりやすく解説していきます。

医療保険の商品性等については「医療保険の特徴」をご覧ください。

 

医療保険とは

医療保険とは、病気や怪我により一定以上の日数入院や通院をした場合入院給付金などの保険金が支払われるタイプの保険です。これまでは生命保険に特約として付加する「特約型」という医療保険が主流でしたが、近年では医療保険のみを目的とした独立型医療保険も販売量が増加しています。
それぞれの違いとしては、独立型の方が保険料は高めとなっていますが、特約型よりも保障内容が充実しているなどの特徴があります。

 

医療保険の見直しポイント

医療保険の保険見直しについてですが、大きなポイントとしては、病気や怪我をした際の給付金の大きさ(入院日額の大きさ)、入院による保障の内容(基本的に入院日数が短くても給付されるものの方が保険料は高い)、入院給付金の支払限度(何日までの入院が保険金給付の対象となるか?基本的には入院による支払限度日数が長いものほど保険料が高くなります)また、給付の対象となる病気の種類を限定することにより保険料を引き下げることができます。

近年では、保険を一定期間使用しなかった場合は祝い金が給付されるものなど様々な商品が出てきており、各生命保険会社・損害保険会社ともに商品開発を行っています。

 

医療保険をみなす際にチェックしたい項目

・医療保険として備えるべきリスクはどこなのかを決める

・免責期間を延ばす

・入院日額の引き下げ

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。