生命保険の見直しポイント

 

生命保険の見直しポイントについて

生命保険見直しのポイントでは、実際に必要な保障内容と保険金の金額をどのようなフローをもとに決めていたったり見直しをしていったりすればよいのかをわかりやすく解説していきます。また、リスク分析表の作成方法などを同時に説明していきます。

 

ライフサイクルと生命保険見直し

人生には様々なイベントがあります。子供の出産・子供の就学・自身の退職・子供の独立・マイホーム購入など…生命保険を見直す上ではこれらのライフサイクルにそって生命保険に対して必要な保険金額や積立などを行っていく必要があります。ここでは、ライフサイクルと生命保険の見直しについてわかりやすく解説していきます。
>>ライフサイクルで生命保険は随時見直すべき

 

ライフステージ別生命保険見直しのポイント

人生における様々なライフステージ別の生命保険見直しのポイントを解説していきます。保険は自分のライフステージに合わせて変更・見直しが必要です。ここでは、一般的なライフステージとして「独身」「新婚」「出産」「離婚」「子供の独立」「住宅購入」「退職」の7つのパターンごとに必要な見直しのポイントを説明していきます。
>>ライフサイクルと生命保険見直し

 

予定利率が高いお宝保険は解約しない

生命保険、特に終身保険や養老保険・年金保険といった貯蓄機能も付いている生命保険については、生命保険を見直す際「予定利率」についてチェックをするようにしましょう。特に、1990年前半に生命保険契約を締結している場合は保険料を安くしようと安易な気持ちで生命保険見直しを行うことで大きな損をしてしまうケースもあります。
>>予定利率が高いお宝保険は解約しない

 

中途増額・特約の中途付加/変更で保険料を見直す

生命保険の見直しにおいて手軽にできるのは保障内容の上乗せとして中途増額や特約部分の中途付加および変更が最も手軽に行える方法の一つといえます。基本的には主契約をそのままに主に特約を操作することにより生命保険の保険内容の見直しや保険料を見直す方法が一般的です。
>>中途増額・特約の中途付加/変更

 

払済保険の活用

生命保険の見直しにおいて予定利率の高い保険で、かつ子供の独立などにより保険金を減らしても良いという場合に活用できるのが払済保険が挙げられます。払済保険とは、これまではらってきた終身保険(または養老保険)の解約返戻金を利用して以後の保険料支払をなくしてしまうというものです。保険契約を変更しない生命保険見直し方法としてご検討下さい。
>>払済保険の活用

 

契約転換を活用する際の注意点

生命保険における契約転換(転換という場合もある)は同一の生命保険会社において現在の保険契約自体を下取りしてもらって、その解約返戻金や積立配当金などを新しく加入する保険の保険料に割りあてるという方法です。一時期この生命保険の契約転換が保険契約の見直しにおいて頻繁に行われたのですが、注意すべきポイントがたくさんあるので整理していきましょう。
>>契約転換を活用する際の注意点

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。