払済保険の活用 / 生命保険見直しのポイント

 

払済保険の活用について

生命保険の見直しにおいて予定利率の高い保険で、かつ子供の独立などにより保険金を減らしても良いという場合に活用できるのが払済保険が挙げられます。払済保険とは、これまではらってきた終身保険(または養老保険)の解約返戻金を利用して以後の保険料支払をなくしてしまうというものです。保険契約を変更しない生命保険見直し方法としてご検討下さい。

 

払済保険による養老保険・終身保険の保険料削減

払済保険とは、既存の保険契約においてある程度の期間保険に加入していたら「解約返戻金」がある程度貯まっています。この解約返戻金相当額を活用した生命保険の見直し方法が払済保険という方法です。

払済保険は、既存保険の解約返戻金を「一時払い保険料」として保険を新たに組みなおすという方法です。以後の保険料の支払義務はなくなり、さらに保障(養老保険の場合は満期保険金)も継続されますので一石二鳥です。ただし、払済保険では、これまでの解約返戻金を原資とした新たな保険に組み替えるという形になりますので、払済保険を利用した後の保険金や満期保険金は、解約返戻金の額に応じて減額されます。

子供の独立などで、今後大きな保障は必要ないけど予定利率の高い生命保険を解約はしたくないという場合などに最適な方法といえるでしょう。

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。