独身者の方の生命保険見直しのポイント

 

独身の生命保険見直しと概要

独身の場合、自分自身の死亡保険はほとんど不要だと考えられます。死亡保障の有無は自分自身が死亡してしまった場合に、経済的に困る人がいるかどうかです。独身の場合子供も配偶者もいませんので、自分が死亡しても経済的に困る人はいないと考えられます。むしろ、自分自身が困ったときの保障となる医療保険、または貯蓄に力を入れた方が良いと考えられます。

 

独身の生命保険・医療保険・貯蓄に関するアドバイス

基本的には収入に合った貯蓄を行う方が良いでしょう。どうしても死亡保障を付けたいという場合は自分自身に万が一があった場合の葬儀代程度の死亡保障で十分と考えられます。

重要になるのは死亡保障よりも自分自身が病気や怪我をした場合に必要となる様々な費用に対する備えです。そのため、医療保険は比較的手厚くしておいても良いでしょう。目安としては手取り収入の1%程度。基本的には健康保険(公的保険)で医療もカバーされているので少額の掛け金で利用できる補完的な役割で十分だと思います。

収入に余裕があれば、以後保険料の値上がりが無い終身型を選ぶと、加入年齢が若い場合将来有利になります。
ただし、無駄な保障を付けるよりは自分への自己投資や将来の資産運用に資金を回した方がよいかもしれませんね。

参考サイト:独身時代・結婚期のライフプラン(資金計画)

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。