保険料の支払方法を見直す

 

保険料の支払方法を見直す

支払方法の見直しは生命保険料を最も簡単に削減することができるポイントの一つです。通常は、一時払い・年払い・半年払い・月払いというタイプがありますが、このほかにも払い込み方法により口座振替払い・団体扱い・集金扱い・振込み扱い・店頭扱いなどの様々な支払方法があります。これらを活用することで、保障内容は変えずに支払う保険料の額を減らすことができます。

 

支払回数による保険料削減・見直し

生命保険の保険料は支払回数が少ないほど割引されます。身近な自動車保険などでも一括払いすることで保険料が安くなることが知られているように、生命保険においても支払回数がすくなくなるほど保険料は安くなります。

一時払い

保険料が大幅に割引される。ただし、一度に全期間中の保険料を支払う必要があるため、終身保険などの死亡保障としてこれが行えるのであれば、そもそも保険は不要という話にもなります。
主に年金保険や養老保険などで活用されるケースです。

年払い
保険料がある程度割引されます。1年分の保険料を一括して納付する必要があります。
半年払い
保険料が若干割引されます。半年後とにその期間分の保険料を納付します。
月払い
スタンダードな方法です。割引はありません。

 

支払方法による保険料の削減・見直し

生命保険の保険料をどのような方法で支払うかという点により保険料はそれぞれ割引されます。

団体扱い

もっとも割引が大きくなります。勤務先などの団体を通じて保険料を支払う方法です。その会社(勤務先)が団体扱いに対応している必要があります。

口座振替払い
若干保険料が割引されます。予め定めた期間ごとに自分の銀行口座から保険料が自動的に引き落としされます。振込み手数料も不要になります。
店頭扱い
保険会社の店頭で保険料を支払います。割引はありません。
振込み扱い
銀行口座などから保険会社が定める口座に保険料を自分で振り込みます。保険料の割引はありません。さらに通常保険会社に振り込む際の振込み手数料も負担する必要があります。

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。