責任準備金 / 生命保険用語集

 

責任準備金

責任準備金(せきにんじゅんびきん)とは、生命保険会社が将来の支払に備えて契約者から集める保険料の中から積み立てる資金のことを指します。

保険料として支払われたお金のうち一部は付加保険料として保険会社の経費に使用されるが、残金は責任準備金に積み立てられ、株式や債券などの形で運用されることとなります。この責任準備金を基にして運用する予定利回り(収益)が予定収益率となり、保険会社の保険金支払の原資ともなる。

 

生命保険無料見直し・相談サービス 人気ランキング

生命保険の見直しや節約に活用したい無料保険相談サービスです。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。