予定事業比率 / 生命保険用語集

 

予定事業比率

予定事業比率(よていじぎょうひりつ)とは、生命保険における保険料算定の一つの基準となるもので、要するに保険会社の保険事業を運営するために必要となる経費のことを指します。この比率が低いものほど保険契約者にとっては有利となります。

なお、保険会社の経営努力により予定事業比率によって見込まれていた事業費よりも実際の事業費が少なくてすんだ場合は保険契約者に対して配当金として剰余金が支払われます。(一部無配当型の生命保険の場合は支払われません)

 

生命保険無料見直し・相談サービス 人気ランキング

生命保険の見直しや節約に活用したい無料保険相談サービスです。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。