生命保険とは / 生命保険見直しガイド

 

生命保険(保険)とは

生命保険の見直しについて方法について勉強する前に、まずは保険とは一体どういう金融商品であり、具体的にどんな保険がどのような目的で利用され、実際にどんな経済的な効果を持っているのかを保険全般で考えながら勉強していきましょう。

 

保険の社会的な役割

保険は「社会全体による相互扶助」という観点による「助け合い」を基本とする金融商品です。生命保険や医療保険では、死亡や重い病気といった、なってしまったらとても大変な事故や事件にあったとき、保険金を得ることによりそれを乗り切ろうというものです。

そして、その保険金は他の事故や病気にならなかった多数大勢の方が出している保険料から出されます。

事件事故による被害はいつだれに起こるかわかりません。その事件事故が確率は高いものではありませんが、起こってしまったときの被害は大きい、その被害を社会全体(保険加入者)が幅広く負担することで本人(遺族)の負担を軽くするというものです。

生命保険とは、このような仕組みのもとで「人の命や怪我・病気などにかかわる損失をカバーすることを目的とする保険」です。略して「生保(せいほ)」とも呼ばれます。

なお、こうした生命保険以外には「損害保険」と呼ばれる分野の保険があります。

 

生命保険と損害保険の違い

生命保険と損害保険、意外とその違いって難しくて理解しにくいものかもしれません。大きく生命保険は「人の生死、怪我」に関する保険で、損害保険は「物や財産」などに関する保険となります。ここでは、まず生命保険と損害保険の違いを分かりやすく説明していきます。
>>生命保険と損害保険の違い

 

公的保険と民間保険(保険の種類)

保険は大きく公的保険と民間保険に分類することもできます。公的保険というのは国が制度として行っているもの。一方の民間保険というのは民間の生保会社や損保会社などが提供している保険です。まずは、それぞれの種類や特徴を理解しましょう。
>>公的保険と民間保険(保険の種類)

 

保険に入るタイミング

生命保険などの営業を受ける時、若い時は保険料が安いから若いうちから加入するのがお得!といったセールストークを受けることかと思います。はたしてそれは本当でしょうか?ここでは保険に入るタイミングについて説明します。
>>保険に入るタイミング

 

生命保険とはどんな保険なのか?

生命保険というのは、「生命」に対してかけられる保険です。つまり、被保険者(保険契約の対象となっている人)が死亡した場合に保険金が支払われるものです。保険の利用者は保険会社に自分のリスクに見合った保険料を支払う代わりに、それに見合った保険金を受け取ることができます。

生命保険のしくみ

生命保険という金融商品はどのように設計されており、具体的にどうやって保険料・保険金が発生しているのといった生命保険における具体的なメカニズム・しくみをわかりやすく解説していきます。
>>生命保険のしくみ

 

生命保険料の決まり方

生命保険の保険料というものは一体どのようにして決まってくるのでしょうか?ここでは、生命保険のしくみを絡めながら、どのような基準で保険料が決まるのかを定期保険、終身保険、養老保険といった三大生命保険についてそれぞれをわかりやすく解説します。
>>生命保険料の決まり方
死亡保険料
貯蓄保険料
付加保険料(手数料)

 

保険料の支払い方法とそれぞれの違い

生命保険の保険料にはいくつかの支払い方法があります。「一時払い」「全期前納」「年払い」「月払い」が代表的です。これらの保険料は支払い方法によって割引がなされます。ここでは、それぞれの支払い方法の特徴とそれぞれのメリット、デメリットを比較していきます。
>>保険料の支払い方法とそれぞれの違い

 

生命保険と預金の違い

皆様が普段から慣れ親しんでいる預金と生命保険の性質を具体的に比較して、同じく将来のリスクに対応できる生命保険というものと預金というものを具体的に比較していきます。
>>生命保険と預金の違い

 

解約返戻金とは

生命保険を途中で解約する場合、「解約返戻金」というお金が保険会社から戻ってきます。よく解約返戻金の返戻率が高いからお得ですよ!などというセールストークも使われますが、解約返戻金とは何なのでしょうか?ここでは、解約返戻金とは一体何なのかについて説明します。
>>解約返戻金とは

 

予定利率とは

生命保険契約のうち終身保険や養老保険という貯蓄性のある生命保険契約をする場合重要になるのが「予定利率」という考え方です。予定利率とは、生命保険会社が貯蓄保険料として受け取った部分について責任を持ってこの利率で運用しますよ。という約束です。長期の保険契約には重要な考えですのでしっかりと理解しましょう。
>>予定利率とは

 

返戻率とは

生命保険において特に、貯蓄性が重要視される養老保険や学資保険などでは「返戻率(へんれいりつ)」という言葉が使われます。これは満期時に受け取ることができる満期保険金の金額がこれまで支払った保険料の何%あるかというもので、運用性をはかる指標となります。
>>返戻率とは

 

生命保険の一般勘定と特別勘定

生命保険の保険料の内、貯蓄保険料部分は通常「一般勘定」という保険会社の運用を行う口座で一括管理されます。ただし、一部の変額年金のように運用のリスクを保険会社ではなく契約者が負う保険の場合、貯蓄保険料部分は「特別勘定」で管理されることになります。
>>生命保険の一般勘定と特別勘定

 

生命保険の「配当金」とは

生命保険は「死亡率」「運用利回り」「事業費」によって保険料を算出しています。しかしながら、算出された保険料はあくまでも「予定」であり、実際の数字とは異なることがあります。予定と実際の差で剰余金が発生した場合には、剰余金を契約者に還元します。これが「配当金」です。
>>生命保険の「配当金」とは

 

生命保険の種類とリスク対応表

生命保険には、様々な種類がありますが、ここでそれぞれの生命保険・医療保険の種類別にそれぞれの保険がどんなリスクやニーズに対して適しているのかを分かりやすく一覧にまとめました。
>>生命保険の種類とリスク対応表

 

生命保険の契約者貸付とは

生命保険を利用してお金を借りることができます。その仕組みを「契約者貸付」と言います。解約返戻金のある終身保険や養老保険などで利用することができる仕組みです。もちろん利息はかかりますが、消費者金融等と比べると低利で借りることができます。
>>生命保険の契約者貸付とは

 

生命保険はどうやって購入・契約するのか?

生命保険を契約する際には、どのように購入・契約をするのでしょうか?ここでは、代表的な生命保険の販売方法・契約方法における仕組みや違いなどを解説します。

 

販売員・コンサルタント型保険

販売員・コンサルタント型保険とは、従来型の生命保険の契約スタイルです。担当者・販売員・セールスレディー・コンサルタントなど様々な呼び方はありますが、こうした営業マンと直接対話しながら生命保険の保障内容等について話し合い決めていくスタイルの生命保険の契約のしかたです。
>>販売員・コンサルタント型保険

ダイレクト保険(通販保険)

近年外資系生命保険会社を中心としてダイレクト型生命保険(通販型生命保険)というものが販売されています。これまで保険というものは保険の営業の方とお話して決めていくというスタイルが主流でしたが、近年ダイレクト保険による契約件数も増加しています。ここでは、ダイレクト保険(通販型生命保険)についてその特徴などを解説していきます。
>>ダイレクト保険(通販保険)

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。