契約転換を活用する際の注意点 / 生命保険見直しのポイント

 

契約転換を活用する際の注意点について

生命保険における契約転換(転換という場合もある)は同一の生命保険会社において現在の保険契約自体を下取りしてもらって、その解約返戻金や積立配当金などを新しく加入する保険の保険料に割りあてるという方法です。一時期この生命保険の契約転換が保険契約の見直しにおいて頻繁に行われたのですが、注意すべきポイントがたくさんあるので整理していきましょう。

 

生命保険の契約転換に関する注意点

契約転換制度とは、「転換とも呼ばれ既存契約の転換価格(解約返戻金+積み立て配当金)を新たに加入する保険の保険料に充当し契約を乗り換える方法を指します。契約転換制度には大きく基本転換定特転換比例転換の三種類があります。 」

生命保険の契約転換を行う場合は以下の点をチェックしてください。

  1. 下取りしてもらう保険の予定利率のチェック
  2. 告知義務が再発生する点に注意
  3. 加入年齢が変更されることに伴う保険料上昇
  4. 保障内容の変更点チェック
  5. 払い込み期間のチェック

下取りしてもらう保険の予定利率のチェック

予定利率のチェックについては「予定利率をチェック」で説明したとおり、以前の保険契約の予定利率が高い場合、その契約を解約するのはもったいない可能性があるということです。旧生命保険の予定利率と新しい生命保険の予定利率はしっかりと比較しましょう。

 

告知義務の再発生

生命保険の契約転換は新しい保険に入りなおすことになります。そのため、健康状態についての告知や医師による審査が必要となります。このため、現在の健康状態によっては保険に加入できない場合があります。また、非喫煙契約でこれまで契約していたが、今ではタバコを吸っている場合などは契約転換の場合喫煙者用の保険プログラムに加入しなければならなくなります。

 

加入年齢が変更されることによる保険料上昇

契約転換を行う場合、転換前の生命保険加入時よりも現在の年齢が上がっているため、契約転換前の保険料と比較して転換後の保険料は一概に高くなります。保険料を安くするためには保証内容をひくくするか、終身保険部分を短くする(定期保険にする)、払い込み期間を延ばすなどの対応が必要となります。

 

保障内容・払い込み期間の変更点をチェック

生命保険の契約転換において最も多いトラブルは保障内容が変わったことによるものと払い込み期間の変更によるものが多くなっています。例えば、終身保険から定期付終身保険に変更して一見保障内容が大きくなったように見えたが、終身保険部分が大きく下がっていたというケースや、定期特約の特約期間が短くなっていたというトラブル、55歳までの払い込みだったのに、60歳にまで延長されていたなどのトラブルケースなどがあるとされています。
保障内容や払い込み期間の変更点は詳しくチェックするようにしましょう。

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。