生命保険の見直し方法

 

生命保険の見直しについて

生命保険の見直し方法では、具体的に今加入している生命保険をどのような形で見直していけばよいのかということを事例を用いながらわかりやすく解説していきます。

 

生命保険の内容・保険料見直しの基本

保険見直しの基本というのは、無駄な保険は省き、必要な保険はしっかりと残すということです。

たとえば、必要となる生命保険の保険金は2000万円でいいのに5000万円の保険金に設定しているという場合は、無駄な3000万円分の保険料を払っていることになります。また、保険で備える必要がないほどの小さなリスクに保険をかけるのは保険料の無駄です。

この「備える必要があるリスク」と「そうでないリスク」の差は人それぞれの環境や蓄え(預貯金)などによってずいぶんと変わってくるものです。自分の状況をもう一度見つめなおして必要な保険の見直しを行っていきましょう。

 

保険は損をする商品 保険の期待値はマイナス

保険の見直しにあたってまず最初に知っておきたいことは「保険は損する」ものということを理解することが大切です。過剰な死亡保険に入っている人もいますが、そうした保険はお金を無駄遣いしているのと同じです。まずは保険というものは損をする商品ということを理解する必要があります。

 

生命保険金の決め方、必要保険金はいくらか?

生命保険を設定・見直しするにあたって最大のポイントの一つが死亡や満期時の保険金の金額設定です。保険というものは死亡や病気、長生きなどのリスクに対してそのリスクをヘッジ(回避)するための手段ですから、不必要なほど大きな金額の保険金設定は無駄な保険料の支出を生むだけです。生命保険金額の見直しでは様々な角度から必要となる保険金の金額設定・見直し方法を解説します。
>>生活設計法による保険金額見直し
>>ホフマン方式による保険金額見直し

 

保険料と保険金のバランス

生命保険に加入する際は、自分にとって必要な保障をしっかりとした目的をもって選ぶことが重要です。死亡保険にせよ、医療保険にせよ、万が一の際に必要十分な補償が内容とそのために必要な保険料のバランスを考える必要があります。実際、あれもこれもと保障内容を広げすぎると、それだけ多くの保険料が必要となります。無駄な保険料を支払わなくても良いようにバランスを考えましょう。

 

生命保険見直しのポイント

生命保険見直しのポイントでは、実際に必要な保障内容と保険金の金額をどのようなフローをもとに決めていたったり見直しをしていったりすればよいのかをわかりやすく解説していきます。また、リスク分析表の作成方法などを同時に説明していきます。
>>ライフサイクルと生命保険見直し
>>ライフステージ別生命保険見直しのポイント
>>予定利率をチェック
>>中途増額・特約の中途付加/変更
>>払済保険の活用
>>契約転換を活用する際の注意点

 

生命保険料削減のポイント

少ない費用で必要な保障を得るというのが、生命保険の見直しにおいて最も優先されるポイントであると思います。生命保険料削減のポイントでは、支払う必要がある生命保険の保険料をできるだけ安くしていくためのポイントやコツを紹介していきます。
>>保険でカバーする必要がない保険は解約する
>>支払い方法で節約できないかを見直す
>>特約でカバーできないかを見直す

 

医療保険見直しのポイント

これまでは生命保険の特約として考えられてきた医療保険ですが、近年では単独で加入ができる医療保険の販売量も増加しています。ここでは、それらの医療保険をどのようにして比較していくべきかをわかりやすく解説していきます。

 

保険ショップ・FP無料相談を上手に活用しよう

生命保険や医療保険などを店舗で相談できる保険ショップやFPに保険について無料相談できるサービス。こうしたサービスが最近増えています。管理人も実際に試してみましたが、結構便利なサービスだと思います。ただし、注意すべき点がいくつかありました。
ここでは、保険ショップやFP無料相談を上手に活用するためのテクニックや注意点などをまとめていきます。

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。