差額ベッド代 / 生命保険用語集

 

差額ベッド代

差額ベッド代(さがくべっどだい)とは、病気・怪我などにより入院した場合に公的健康保険の対象音ならず、患者の自己負担となる病院のベッド使用料のことを指します。

通常、入院した場合は6人部屋が基本となりますので、患者が希望した場合は通常の部屋(大部屋)との差額が差額ベッド代となります。民間の医療保険などでは、こうした差額ベッド代を補填するための様々な保障が付帯しているケースが多くなっています。

生命保険無料見直し・相談サービス 人気ランキング

生命保険の見直しや節約に活用したい無料保険相談サービスです。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。