医療保険の保険内容

 

医療保険の保険内容について

民間の医療保険では、実に様々な保険内容がラインナップされています。ここでは、医療保険として生命保険会社などが販売している保険商品の中で保障される医療保険の保険内容について代表的なものを抜粋してそれぞれを解説していきます。

 

入院保障

医療保険の代表的なサービスの一つに入院による保障があります。これは病院における差額ベッド代の自己負担分や食事代などの自己負担分をカバーすることを目的としたものです。基本的には差額ベッド代の有無などは問われずに入院1日につき○○円といったように金額が固定されています。

 

手術給付金

病気または傷害により所定の手術が必要となった場合に保障される保険です。入院時にあらかじめ定められた一定額が支給されるのが一般的といえます。手術によって発生する必要を保障するのが目的の保険です。

 

所得補償保険

入院等の所定の状態となり、被保険者が就業不能な状態となった場合、被保険者が喪失した所得に対して給付金を受け取れるという医療保険の一種です。なお、就業不能とは、病気や怪我のため医師による治療を必要として業務にまったく従事できない状態を指すのが一般的です。※厳密には、損害保険の分野となります。

 

介護一時金

保険会社が定める所定の要介護状態となった場合に一時金または給付金が支払われるという保障です。多くの場合介護状態になった場合、以後の保険料が不要になるなどの特約を付けている場合が多くなります。

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

生命保険.com
独立系FPに生命保険を無料相談。

生命保険の種類
生命保険見直し Category
おすすめコンテンツ