逓減定期保険

 

逓減定期保険について

逓減定期保険(ていげんていきほけん)とは、名前の通り保険金が逓減(次第に少なくなっていく)というタイプの定期保険の一種です。通常定期保険は支払われる保険金の額は加入期間中一定なのですが、逓減定期保険の場合は保険金の額が年数を経るにしたがって減少していくタイプの定期保険です。

 

逓減定期保険のしくみ

逓減定期保険というのは、死亡保険金が次第に逓減(減少)していくタイプの定期保険です。例えば加入から5年間は死亡保険金3000万円、その後は3年ごとに500万円づつ減額していくといったような形となります。死亡保険金額が一定の一般的な定期保険と比較すると保険料が割安となるのが特徴です。

低減定期保険のイメージ図。遺族に必要な保障額が年々減少するのにあわせて死亡保険金も減らすタイプの保険

逓減定期保険の活用法

主に逓減定期保険は、今は手厚い保障が必要だが、今後数年後にはそのような保障が必要なくなるといった家計に対しておすすめできます。例えば、今は子供が大学に通っており学費などの面でお金が必要だが、数年後には独立することがわかっているので、その後の保障額は少なくても良いといった場合などが考えられます。
逓減定期保険はライフサイクルの変化に対応するために考えられた合理的な死亡保障を追求したタイプの定期保険といえるでしょう。

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

生命保険.com
独立系FPに生命保険を無料相談。

生命保険の種類
生命保険見直し Category
おすすめコンテンツ