団体信用生命保険

 

団体信用生命保険とは

団体信用生命保険(団信)とは、住宅ローンに加入する際、加入者(ローン契約者)が死亡した場合に、住宅ローン債券の残り分を金融機関(ローン会社)に対して支払うという保険です。ローン会社・契約者にとってもメリットがある保険となっています。

 

団体信用生命保険の特徴

住宅ローンは高額かつ支払い期間が長期間になるのが一般的です。返済期間中の「万が一」が起こるリスクもあります。そうしたときに活躍するのが団体信用生命保険です。

団体信用生命保険では、住宅ローン返済中に契約者が死亡(または高度障害)となった場合、生命保険会社が残りの住宅ローンの債務をローン会社(金融機関)に対して支払ってくれるという生命保険です。金融機関が契約者となるため、掛け金も安い保険です。

団体信用生命保険に加入したら、既存の生命保険はみなそう

団体信用生命保険に加入するということは、家族に対して万が一の際の家を残せることになります。つまり、遺族にとっての必要な保険金の額もグッと減るわけです。
一般的には「マイホーム購入時」は生命保険見直しのチャンスといわれています。詳しくは「住宅購入と生命保険見直し方法」をご覧ください。

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

生命保険.com
独立系FPに生命保険を無料相談。

生命保険の種類
生命保険見直し Category
おすすめコンテンツ