医療保険のしくみ

 

医療保険のしくみについて

医療保険とは、その名前の通り病気や怪我による治療費用や入院費用、治療期間中の所得保障など怪我や病気による様々な損害・損失を担保するタイプの保険です。民間の医療保険は第三分野の保険と呼ばれ長く外資系(米系)保険会社による独占が続いていましたが、現在は国内の生命保険会社や損害保険会社にも解禁されており、実に様々な医療保険が販売されています。

 

医療保険は病気・怪我のリスクを担保する

最も多くの人が加入し、実際に保険金を受け取ったこともある保険は皆さんが強制加入している「国民健康保険」などでしょう。これは、保険料を支払うことで、必要になった医療費の7割を国が負担し、残り3割を患者が支払うというものです。

民間が提供している医療保険も仕組み的には国民健康保険等と同様です。ただし、日本の場合は皆保険制度の名前の下で公的医療保険が存在しておりますので、多くの民間医療保険はこの公的医療保険を補完するタイプのものがほとんどです。

例えば手術や入院などが必要になった場合の手術代や入院費用はいくら公的な医療保険があるといっても3割の自己負担は大きいものです。そこで医療保険を活用することでこうした費用負担を担保することができます。また、入院するということはその期間仕事をすることができなくなるということですので、医療保険の中では収入保証(一定期間の収入を保証する)といった保険サービスを提供している保険会社もあります。

 

第三分野の保険

医療保険は第三分野の保険といわれています。これはこの医療保険が従来の生命保険や損害保険のどちらにも属さないということからこのように呼ばれます。日本では、この第三分野の保険である医療保険は米系保険会社のみが販売しており、国内では生命保険会社が特約として医療保険サービスをおこなってきました。

しかし、2001年の日米合意により医療保険の販売が解禁され、国内の生命保険会社や損害保険会社の多くがこの分野に参入しています。

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

生命保険.com
独立系FPに生命保険を無料相談。

生命保険の種類
生命保険見直し Category
おすすめコンテンツ