医療保険の必要性

 

医療保険の必要性について

怪我や病気でも数日程度の通院・入院であればまだよいですが、数ヶ月にもおよぶ通院や入院が必要となる病気や怪我の場合入院費用が必要となり、またその間の収入も減少してしまいます。ここでは主に近年の医療に必要となる費用に付いて厚生労働省などの資料を基に計算していきます。

 

医療費の内訳と医療保険

病気などで病院で治療を受けて支払う金額は医療費の合計額ではなく、その一部です。多くは健康保険や国民健康保険などの公的医療保険が負担しています。

医療保険の内訳は以下のようになっており、本人が負担しているのは「医療保険対象」となっている部分の内30%分と医療保険対象外となる費用の合計です。

なお、「医療保険対象」となっている部分の内30%分(自己負担額)」が一定額を超えると、高額療養費としてその超えた額が戻ってくる制度があります。

医療費=医療保険対象外(差額ベッド代・高度先進医療技術料)+医療保険対象(通常治療+外来薬剤+食事代の一部)

 

医療保険の必要性

さて、標題の医療保険の必要性についてですが、日本という国は比較的公的保障が充実している国です。一般的な病気であれば公的医療保険によりかなりの部分がカバーされます

下記では、日本における医療費総額における自己負担額を解説しています。もちろん、医療だけでなくその間の収入保証などもしてくれる医療保険は重要な保険ともいえます。

ただし、それは貯蓄でもってもカバーできるものでもあります。それぞれを天秤にかけてどこまでの医療費について公的負担では足りず、民間の医療保険が必要になるのかを考えてみる必要があります。

 

医療費の自己負担額

医療費は国民健康保険によって、一定額が政府より補助されます。ここでは、医療に必要となる自己負担分についてそれぞれ、医療費の自己負担・食事代・差額ベッド代・先進治療に分類しそれぞれを解説していきます。
>>医療費の自己負担額

 

先進医療について

通常、病気や怪我により治療を行う場合、一定割合を国が負担してくれる公的医療保険制度(健康保険製)がありますが、難病などに対する治療や手術について、健康保険の対象とならない先進治療も存在します。ここでは、先進医療における自由診療と先進治療についてそれぞれを解説していきます。
>>先進医療について

 

医療保険の保障はどのくらいが妥当?

医療保険に加入する場合、入院日額○○円、手術給付金○○万円といったようにいろいろな保障があります。また、保険金(給付金)の金額も様々です。では、自分にとってどのくらいの保障が必要なのでしょうか?ここでは、必要な保障(保険金・給付金の額)に関する考え方を解説します。
>>医療保険の保障はどのくらいが妥当?

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。

 

生命保険.com
独立系FPに生命保険を無料相談。

生命保険の種類
生命保険見直し Category
おすすめコンテンツ