かんぽ生命保険

 

かんぽ生命保険について

かんぽ生命保険とは、これまで郵便局が提供していた生命保険簡易保険が郵政公社民営化に伴い変更されたものです。っこでは、かんぽ生命のしくみや簡易保険との違い、保険の特徴などを解説します。

 

かんぽ生命保険の概要

かんぽ生命保険の前身は郵便局(郵政公社)が提供してきた保健サービスである「簡易生命保険」です。簡易生命保険は1916年に誕生した保険で、日本国内で最大規模の運用資産を誇る生命保険でした。
しかし、郵政公社の完全民営化を受けて、簡易生命保険法という法律が改正されましたので、既存の簡易保険契約を除き新規の契約は不可能となりました。
そこで誕生したのが郵政公社が提供をはじめた「かんぽ生命保険」です。基本的には以前から販売されている簡易生命保険とほぼ同様の商品内容となっています。ただし、一点ことなることは前身である簡易生命保険は簡易生命保険法という法律に基づき、保険金等の支払を日本国政府が保証していましたが、現在のかんぽ生命保険では、あくまでも民間企業が提供する生命保険サービスとなりますので、政府保証はありません。

かんぽ生命保険の特徴としくみ

かんぽ生命保険の特徴は「無審査」「加入限度額の設定」の二つがあります。これは前身である簡易生命保険と同様です。

無審査
申し込みの際の健康状態について医師の審査は不要です。ただし、現在の健康状態に関して一定の質問項目に対する告知義務は存在します。

加入限度額
1名に付き15歳以下は700万円、16歳以上は1000万円(ただし、特定養老保険に加入する場合は500万円。また55歳以上の人が定期保険または特別養老保険に加入する場合は限度額800万円)

 

かんぽ生命の学資保険の特徴

小学生までの子供を対象とした学資保険です。
死亡保障が充実しているため、返戻率はかなり低めとなっています。学資保険については「こちら」も参考にしてください。

 

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

生命保険.com
独立系FPに生命保険を無料相談。

生命保険の種類
生命保険見直し Category
おすすめコンテンツ