医療保険の特徴

 

医療保険の特徴について

医療保険(いりょうほけん)とは、これまでの生命保険とは異なり、死亡時ではなく病気になったときの収入等を保障するための保険です。病気時や入院時などに必要となる医療費を保証するものや、入院による所得減少に対する保障など様々な医療保険があります。
生命保険と損害保険との間の「第三分野保険」とも呼ばれています。従来までは外資系保険会社のみしか扱えませんでしたが、現在は国内保険会社でも取り扱いがされています。死亡リスクではなく、生存時の治療費等の家計を支えるための保険となります。

 

医療保険のしくみ

医療保険とは、その名前の通り病気や怪我による治療費用や入院費用、治療期間中の所得保障など怪我や病気による様々な損害・損失を担保するタイプの保険です。民間の医療保険は第三分野の保険と呼ばれ長く外資系(米系)保険会社による独占が続いていましたが、現在は国内の生命保険会社や損害保険会社にも解禁されており、実に様々な医療保険が販売されています。

 

医療保険の分類

医療保険は大きく「公的医療保険」「民間医療保険」に分類することができます。さらに民間の医療保険は生命保険特約型と医療保険独立型に分類することもできます。日本の場合は「公的医療保険」が充実しているので、民間の医療保険はあくまでも補完的役割を担っています。

 

医療保険の必要性

怪我や病気でも数日程度の通院・入院であればまだよいですが、数ヶ月にもおよぶ通院や入院が必要となる病気や怪我の場合入院費用が必要となり、またその間の収入も減少してしまいます。ここでは主に近年の医療に必要となる費用に付いて厚生労働省などの資料を基に計算していきます。
医療費の自己負担額
先進医療について
医療保険の保障はどのくらいが妥当?

 

医療保険の保険内容

民間の医療保険では、実に様々な保険内容がラインナップされています。ここでは、医療保険として生命保険会社などが販売している保険商品の中で保障される医療保険の保険内容について代表的なものを抜粋してそれぞれを解説していきます。
入院保障
手術給付金
所得補償保険

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

生命保険.com
独立系FPに生命保険を無料相談。

生命保険の種類
生命保険見直し Category
おすすめコンテンツ