養老保険の特徴

 

養老保険の特徴について

養老保険(ようろうほけん)とは、定期保険・終身保険・養老保険の三大生命保険の中で最も貯蓄性の高い生命保険です。その分保険料は定期保険や終身保険と比べて割高となりますが、満期時には死亡保障額と同額の満期解約金をもらうことができます。

 

養老保険のしくみ

養老保険は被保険者が死亡した場合に死亡保険金が支払われるだけではなく、被保険者が満期時に生存していた場合にも満期保険金を受け取ることができる保険で、生命保険の中でも最も貯蓄機能が強い保険であるといえます。

養老保険の分類

養老保険を大きく分類すると「普通養老保険」と「定期付養老保険」に分類できます。また、支払方法の違いにより「全期払込養老保険」「短期払込養老保険」「一時払込養老保険」にそれぞれ分類することができます。

養老保険の解約返戻金

養老保険の場合でも終身保険と同様に途中解約による解約返戻金が存在します。しかも、養老保険の場合終身保険とは異なり、積立部分がより大きくなりますので契約期間により若干の差がありますが、払込保険料総額と解約返戻金の金額は非常に近くなります。

養老保険の保険料

養老保険は積立部分が大きくなることから、保険料もその分定期保険や終身保険と比較して割高となります。そのため、養老保険では経済的理由により保険料の支払が困難となり、契約が途中解約となるケースも多いようです。ここでは、高額な養老保険の保険料についての考察と保険料払込みが困難になった際の対処法などを解説します。

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

生命保険.com
独立系FPに生命保険を無料相談。

生命保険の種類
生命保険見直し Category
おすすめコンテンツ