逓増定期保険

 

逓増定期保険について

逓増定期保険(ていぞうていきほけん)とは、保険料は一定額にもかかわらず保険金が年を経るにしたがって増額されていくタイプの定期保険の一種です。個人用になじみは深くありませんが、税制上のメリットがあることから企業において広く活用されてきたタイプの定期保険です。

 

逓増定期保険のしくみ

逓増定期保険は20年以上の長期にわたる期間の定期保険です。死亡保険金は時間を経るごとに大きくなっていき、解約返戻金が発生するのが特徴で、解約返戻金の額は山形の形となり、満期時には0となります。
保険料は保険金額が数億円単位で高額になるケースが多いため割り高で個人は手を出しにくいタイプの保険です。

逓増定期保険の活用法

主に、企業などの法人が契約することが多い保険です。企業が会社の社長に対して保険を掛けておき、死亡時に保険金を受け取り、それを遺族に対する見舞金などにします。また、予め解約返戻金が最も大きくなる時期を社長の勇退(退職)時期と併せることで、社長が退任する際は保険を解約してその解約返戻金を役員退職金へと充てていました。

なぜこのようなことをするのかというと、支払う保険料は企業の損金に入れることができるため、保険料が法人税対策になる上、社長が退職する際の退職金も損金に計上することができます。退職時期に解約返戻金を受け取るようにすれば、保険の解約返戻金も退職金支払の損金と合算することでほとんど0にできますので、支払っている保険料分法人税対策として用いることができたのです。(なお、現在は逓増定期保険を用いた節税については課税当局がかなり厳しい目で見ているということです)

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

生命保険.com
独立系FPに生命保険を無料相談。

生命保険の種類
生命保険見直し Category
おすすめコンテンツ