収入保障保険(生活保障保険)

 

収入保障保険(生活保障保険)とは

収入保障保険(しゅうにゅうほしょうほけん)とは、契約時に定めた保険期間内に被保険者が死亡などの保険時由に該当した場合、保険金を分割して月払いや年払いで受け取ることができる保険。ただし、受取額が割引されるものの、一括で受け取ることも可能です。

 

収入保障保険のしくみ

収入保障保険におおいのが「逓減定期保険」タイプのもので、契約期間中の保険金額が逓減(少しずつ少なくなっていきます)。また、「確定年金タイプ」もあります。

保険料が掛け捨てとなることから、終身保険や養老保険など貯蓄性を重視した保険よりも安く。また、年齢が進むほど保険金が小さくなる仕組みのため、一般的な定期保険よりも保険料はさらに安くなります。

被保険者が年をとるほど、当然遺族の平均余命も短くなるので必要な保障額は小さくなるので問題ありません。詳しくは「生活設計法」のページをご覧ください。

 

収入保障保険のメリット

収入保障保険の大きなメリットは、分割して保険金を受け取ることができるので遺族保障を「生活費の補てん」と考えた場合にかなり有効に作用するということです。

一家の大黒柱に万が一のことがあった時でも、遺族には年金方式で一定のお金が保険金として支払われることになり、生活水準を守ることができます。

また、年金方式とすることで、将来支払われる分の保険金は予定利率によって運用されるので一括で受け取る場合よりも多くの金額をトータルで受け取ることができます。

 

保険が必要な期間だけを効率的にサポートできる

また、収入保障保険は、被保険者が死亡する時期が遅くなればなるほど、受け取れる保険金総額は小さくなります。

たとえば、30歳で死亡したときには8000万円の保険金が出るけど、40歳なら6000万円、50歳なら2000万円といった具合になります。

一見、不利なように見えますが、保険金の総額は保険料に跳ね返ってくるわけですから、支払う保険料はずっと8000万の定期保険に入るより安くなります。

仮に一家の大黒柱を夫とした場合、夫が死亡する時期が遅くなれば、それだけ妻の平均余命も短くなっていますし、子どもがいる場合も成人までの期間が短くなるわけで保険金は少なくてもいいわけです。

そういった意味で、一家の大黒柱の死亡保険としてはかなり有用な保険の一つです。

ちなみに、同じような名前の保険に「所得補償保険(損保)」や「就業不能保険(生保)」といった保険もありますが、別物です。

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

生命保険の種類
生命保険見直し Category
おすすめコンテンツ