個人年金保険の特徴

 

個人年金保険の特徴について

個人年金保険(こじんねんきんほけん)とは、国が運営している国民年金や厚生年金・厚生年金基金とは異なり、個人が自分の意思で加入する年金で、生命保険の一種です。厳密には生存保険と呼ばれる分野の保険にあたり、平均寿命が伸びる中、老後の備えといった長生きするリスクに対して備える保険となります。

 

個人年金保険とは?

「年金」と聞くと国民年金や厚生年金といった公的な年金制度を思う方も多いかもしれません。しかしながら、年金というのは「年金保険」という一つの保険となっています。

個人年金保険というのは個人が私的に加入する年金で、民間の保険会社が提供する生命保険の一種です。このページでは、個人年金保険の仕組みから公的年金との違い、個人年金の種類、加入する際の注意点などもわかりやすくまとめていきます。

 

公的年金と私的年金

日本では、年金というと国民年金や厚生年金・厚生年金基金といった公的な年金制度があり、この上に私的年金が乗っかってくる形になります。公的年金と私的年金の項目では、現在の日本国における公的年金の具体的なしくみと私的年金の役割について解説を行っていきます。
>>公的年金と私的年金

 

個人年金のしくみ

個人年金保険は生存保険と呼ばれるタイプの保険で、一定期間まで生存していた場合満期による一時金または以後の年金が支給されるといったタイプの保険です。内容自体は養老保険とほぼおなじしくみとなっていますが、死亡保険金が存在せず(すくなく)、変額年金タイプや外貨建てなど投資的意味合いが強い保険も多いのが特徴です。
>>個人年金のしくみ

 

個人年金保険の種類

個人年金保険と一口に言っても実に様々な種類が存在しています。ここでは、「保険料の支払期間」「年金の受取期間」「年金の受取方法」「年金額が確定か変額か」という4つのポイントに分類して個人年金保険の種類・タイプを解説していきます。
>>個人年金保険の種類

 

個人年金に加入するときに押さえておきたい注意点とリスク

個人年金に加入するときにはいくつか注意点があります。また、運用(保険加入)の状況や保険料の払込期間などによっては大きなリスクを負うこともあります。個人年金に加入するときに押さえておくべき注意点や加入のリスクを解説していきます。
>>個人年金に加入する時に押さえておきたい注意点、リスク

 

節税効果も高い年金「確定拠出年金」を活用

自営業者の方や企業年金がない企業にお勤めの方が加入できる「確定拠出年金」。変額年金の一種ですが、公的年金の扱いとなっており、節税効果が高いという魅力があります。掛け金変更なども可能なので、民間の個人年金と比較しても有利な制度となっています。
>>節税効果も高い年金「確定拠出年金」を活用

 

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。

 

生命保険.com
独立系FPに生命保険を無料相談。

生命保険の種類
生命保険見直し Category
おすすめコンテンツ