共済による定期保険

 

共済による定期保険について

全労災やJA共済など共済が提供する「こくみん共済」などの保険は定期保険と性質はほとんど同じですが保険料の算定方法などが簡素化されており、小額の掛け金(保険料)である程度の死亡保障などがセットできるようになっています。

 

共済による定期保険のしくみ

全労災やJA共済などでは独自の死亡保障制度を設けています。これらは生命保険会社が提供している定期保険とは異なり、独自の給付設計となっています。最大の特徴は保険料(共済では「掛け金」といいます)の額が年齢・性別などに関係なく一律となっている点です。(生保会社の定期保険の場合は「定期保険の保険料」で解説したように年齢・性別などにより保険料は異なります)

主に共済による定期保険は、数千万円単位の死亡保険をかけることはできません。病気による死亡時で数百万、交通事故等で1000万円〜2000万円前後と生命保険会社が提供する定期保険よりは保険金額が少なくなっています。独身者や子供が独立した家計などで大きな保障は必要ないけど、ある程度の保障はほしい。手軽に入れる保険がいいという場合は共済による保険も一考に価すると思います。

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

生命保険.com
独立系FPに生命保険を無料相談。

生命保険の種類
生命保険見直し Category
おすすめコンテンツ